調査研究・研修事業
シンポジウム

 精神障がい者の就労を基本テーマに毎年、シンポジウムを企画、開催しています。内容は実践者、学識経験者の基調講演と当事者が中心となり、壇上だけでなく会場の来場者も交えてのシンポジウム形式での意見交換を行っています。年度によりテーマは異なりますがtopicsに詳細を掲載していますのでご参照ください。


学会・研究会・講演会等での発表

 横浜SSJでは20年来にわたる、精神障がい者就労支援の実践を通じての取り組みや、そこから得たノウハウ、そして現状も含めた実践課題を各種学会、研究会での発表を行っています。また、こうした発表は援助者だけでなく、実際に就労している当事者も自らの経験の発表を行っています。


法人内研修
1)職員研修

  @横浜SSJの活動内容を全員が共有する
  A最新の精神障がい者の支援の在り方を知る
  B研修を通じて全職員の交流を図る
  Cその他必要な情報、知識を吸収する
を目標に、単に援助技術のスキルアップだけではなく様々な情報、知識を学び吸収するとともに、法人内の事業所間をまたがって全職員間のコミュニケーション力をアップすることを目指します。


2)当事者職員研修

 当会で働く当事者でキャリアを積み、体調、病状的に安定した従業員は就労日数、時間をふやすかたちで契約、従業員のリーダー的な位置づけで各事業所運営に携わる、当事者職員が活躍しています。当事者職員向けに、リーダーとして働くうえで必要な知識等、研修を定期的に開催しています。


3)従業員研修

 現在、当会では70名弱の従業員が各事業所で就労しています。病気をもちながら働くこと、自分だけでなく家族と一緒に生活しながら働くこと、その他、就労に関わる研修を従業員向けに開催しています。